どんなにモテない女でもモテる女に大変身!失恋・片思い・エッチ・不倫・・・恋の悩みを即解決!あなただけの恋愛マニュアル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モテ女ってこんな人たち。まずはこちらを見てくださいね~♪
>>モテ女ランキング



椿姫彩菜さんがテレビで言っていた「コンプレックスは個性」という言葉。



私は彼女の偏見に苦しんだドキュメントを観ながら、


(この人は、この言葉を言えるようになるまで、どれだけの苦悩と時間を
乗り越えてきたんだろう・・・)と感慨深かった。



自分の中だけの「思い込み」や「気にしすぎ」で苦悩するコンプレックスと、
世の中の偏見とも戦わないといけない、もっと根深いコンプレックス。


自分だけの問題に終わらず、社会の好奇な目にも立ち向かわなくては

自分の存在が保てない彼女達のようなコンプレックスは、私から見ると

もはやそれは「使命」「お役目」のような気がしてならない。




美輪明宏さんが開拓者になるかもしれないが、
昔も今も、世間体、固定観念、偏見など、人は色んなものに
知らず知らず汚染されており、気付かぬうちに誰かを傷付けてしまうことがある。


彼女は「自分と同じような思いをした人に勇気を与えたい」というようなことを
言っていた。彼女がメディアに出るのは偏見をなくしたい気持ちもあるようだ。



コンプレックスを乗り越えた人、

自分の個性として受け容れた人は、「次」を考えるようになる。

同じ苦しみを経験した人を励ましたくなるのだ。



「自分を追いつめないで。苦しみすぎないで」と訴えたくなる。

続くよ♪

>>ranking









スポンサーサイト
モテ女ってこんな人たち。まずはこちらを見てくださいね~♪
>>モテ女ランキング



★男女の友情はアリか、ナシか??


今回はこんなテーマで考えてみる。

あくまでも私の個人的な意見なので、鵜呑みにしないよう、お願いします(笑)



私は、「男女の友情は成立しない」派である。



男と飲むなら、少なからず(晶と一緒に酒が飲みたい)という
気持ちがある人限定で、会う。



フリーのとき、相撲取り並みにデカく太った男と2人でよく飲んでいたのだが、
私は彼を友達だと思っており、彼は私に(たぶん)好意を持っていた。


飲み屋街を歩くとき、周りの「デカイ・・・」という声は気になったが、


(いや、私たち付き合ってないよ)と言いたかったが、


彼はいつも私を美味しい店に連れていき、奢ってくれたので
私はちゃっかり、ガブガブ飲んでた、ずーずーしい女である。



自分に好意を持ってくれ、なおかつ話の面白い、
頭の回転がイイ男と飲むのは、ぶっちゃけ心地いい。


なーんとも思ってくれない男と飲むより、会話に刺激があって、
私のことも褒めてくれるから、楽しい。


こんな気持ちはたぶん、みんな隠してるけど(?)


女の本音の「一部分」だと思う。

もちろん、全女性に当てはまるわけじゃないけどね。



すごい自己中だが、私の中の女を感じさせてくれる男って、ありがたい。

続くよ♪

>>ranking









モテ女ってこんな人たち。まずはこちらを見てくださいね~♪
>>モテ女ランキング


前回を読まれていない人はこっちから読んでね♪
>> 1)彼女がいる男性を好きになってはいけない?
>> 2)彼女がいる男性を好きになってはいけない?
>> 3)彼女がいる男性を好きになってはいけない?
>> 「人の男を好きになってはいけない?」の共通点を調べる  
                        → ranking






<彼女がいる男性を好きになってはいけない?>




■4■



私も、今だから言えることなんですが。

――――――

真剣に、死に物狂いで自分の人格を磨いてみて。
そしたら、すべては分かります。


その彼は、自分が愛する価値のある男なのか。

その彼は、自分にふさわしい男なのか。


自分の人格さえ、向上させればイイんです。
この一点に集中して努力し、成長すればいいんです。

――――――



「A子になった貴女」が、貴女にふさわしい男を「選ぶ」んです。

それが、「誠実な男に愛され続けるモテ女」の恋愛の仕方、交際の始め方です。




――――――

彼のことも、彼女のことも、気にしなくていい。

他人の顔色をうかがってる場合じゃないですよ~♪


自分の人格がある程度のレベルに達したとき、
すべては「自分の感覚で」わかります。絶対に、わかる。

(この人と出逢ったのは、こういう意味だ!)って、わかるんです。


現時点で、私の答えは以上です。


恋愛って、一見、「ままならないもの」だと思うでしょ?


でもね、本当は違うんですよ。

続くよ♪

>>ranking











モテ女ってこんな人たち。まずはこちらを見てくださいね~♪
>>モテ女ランキング


前回を読まれていない人はこっちから読んでね♪
>> 1)彼女がいる男性を好きになってはいけない?
>> 2)彼女がいる男性を好きになってはいけない?
>> 「人の男を好きになってはいけない?」の共通点を調べる  
                        → ranking






<彼女がいる男性を好きになってはいけない?>




■3■



【 恋人がいる男を好きになったときは、
自分に「本物の愛」があるかどうか、試されているのです。


「我欲」の恋なら、悩むだけで報われないでしょう。


「無償」の愛なら、悩むこともないし、苦しくないし、
ただひたすら彼の幸せを願える自分を、自分で愛していけるし、
片想いしてるうちに、彼が彼女と結婚して「恋心を卒業」できるか、
自分にもっと好きな男ができるか、何か結果は出るでしょう。



でも、大抵の恋する乙女はA子のような恋じゃないから、
(彼女になりたい!)(好きだと言いたい!)という気持ちが抑えられず、
告白するでしょう。


そのレベルにいる場合は、A子のような「器」はないので無理をせず、
告白して、フラれて、スッキリさせて次に進んだ方がいいと思います。



「貴方のことが好きだった」と、気持ちを伝えるところまでで
終わらせることができるなら、告白すればいいと思います。



何か淡い、自己中な期待を持った時点で、ほとんどの場合、フラれます。


いい加減な男を好きになった場合、セフレにされて、捨てられます。

続くよ♪

>>ranking











モテ女ってこんな人たち。まずはこちらを見てくださいね~♪
>>モテ女ランキング


前回を読まれていない人はこっちから読んでね♪
>> 1)彼女がいる男性を好きになってはいけない?
>> 「人の男を好きになってはいけない?」の共通点を調べる  
                        → ranking






<彼女がいる男性を好きになってはいけない?>




■2■



【 簡単に言うと、
「自分の、彼が好きという気持ち」を煮詰めて煮詰めて、煮詰めていったら、
「彼の幸せだけを願う、純粋無垢な(?)自分がいた」という感じです。


ここまで行ったら、たぶん「本当の愛」です。


私もここまで行ったのは、智彦が初めてです。

何度も恋愛をして、フッたり、フラれたりして経験した先に、
やっと感じることができた、私なりの、本物の愛です。



仮に、これが片想いだとしても、この境地まで行けたら、
ここまで「相手だけを」愛せたら、両想いになれなくても私は本望です。

(ここまで人を好きになれる自分がすごい!)と自分でビックリするし、
そんな自分が誇らしく、自信もでてくるし、もっと自分を好きになれます。


今の貴女には、とても難しい感覚だと思います。

きっと頭で理解できても、心で感じることは無理でしょう。

でも、それが普通です。みんな、この境地にまでいけないから恋愛に悩み、
私のブログを読んでくれたり、相談メールを送ってくれるわけです。



でもね、私の女友達で、たった1人だけ、この「本物の愛」を
同僚の彼に片想い中の6年間ずっと貫き、ひたすら彼に恋心を隠し、
最終的にその彼と結婚して、おしどり夫婦になった人がいます。

続くよ♪

>>ranking











  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。